関根歯科医院ブログ

2015年8月10日 月曜日

お盆時期の診療予定について

8/13(木)より8/18(火)を休診とさせていただきます。

投稿者 関根歯科医院 | 記事URL

2014年12月 8日 月曜日

ぜんそくの患者様への配慮

近頃は急激に寒くなってきましたね。
持病でぜんそくを持っていらっしゃる患者様は、発作がきつい季節でいらっしゃると思います。
実は、歯科治療においても、ぜんそくをお持ちの患者様に対しては細心の注意を払って治療を行う必要があります。
そのため、ぜんそくの持病がある患者様は必ず、初診時の問診票にその旨を記載し、服薬している薬についてもお知らせください。

【ぜんそくをお持ちの患者様へ】

まず、お伝えしたいことは、歯科治療時に、喘息発作が起きてしまう可能性はゼロではないという事です。
そのため、治療時は必ず、普段お使いの発作時用の吸入スプレーをご持参いただきたいとお願いしております。

歯科治療は長時間、口を開けて治療を行いますので、呼吸もいつもと違う状態になりがちです。
ですので、梅雨時期のように体調が不安定になりやすいときや、発作が頻繁に起きている時だけではなく、状態が落ち着いている時も念のためご持参いただければと思います。

【発作が頻繁に起こっている場合】

ぜんそくの発作が頻繁に起きている状況の方は、歯科治療についてまず、関根歯科医院にご相談ください。
緊急性がない場合は、時期を見合わせる事もできますし、虫歯など緊急性がある場合も、寒暖の差があまり感じられないような時間帯を選んで治療を進めるなど、様々な安全策を講じることができます。

投稿者 関根歯科医院 | 記事URL

2014年11月10日 月曜日

骨粗鬆症の患者様の注意点

全身疾患がある患者様の場合、歯科治療において、注意を払わなければならない事が出てきます。
今回は、骨粗鬆症の患者様のケースを、書かせていただきたいと思います。

【歯と骨の関係】

歯の治療と言いますと、患者様目線で見ると「歯」というものに目が行きがちになるかと思うのですが、この患者様がおっしゃる「歯」というのは、正式には歯冠と呼びまして、その歯冠は目に見えている部分です。
見えていない部分に、歯根というものがあります。

この歯根は、上あごと下あごにある歯槽骨に埋まっているわけです。
歯槽骨というぐらいですから、この部分は「骨」なんですね。
ですので、歯というものは骨と密接な関係を持っているのです。

【ビスフォスフォネート製剤を服用中の患者様へ】

そんな中、骨粗鬆症の治療薬としてビスフォスフォネート製剤(BP製剤)を服薬中の患者様の場合、その状況のまま、例えば抜歯などの治療を行ってしまいますと、顎骨壊死(ビスフォスフォネート性顎骨壊死)が起こってしまう危険性があります。
顎骨壊死とは、抜歯後、骨が露出したまま完治しなかったり、感染症にかかり、それが広がって排膿が続き、上あごと下あごが壊死してしまうというものです。

ビスフォスフォネート製剤を服用中の患者様の抜歯治療を行う場合は、この薬の服用を休薬する必要があります。
そのため、ビスフォスフォネート製剤を服用中の方は必ず、問診の際にその旨をご相談いただかなければなりません。

投稿者 関根歯科医院 | 記事URL

2014年10月31日 金曜日

歯を可能な限り残す治療

関根歯科医院は、開院した50年前から安易に抜歯をしない治療、つまり「歯を可能な限り残す治療」を進めてまいりました。
開院当時の歯科医療は、歯を比較的すぐに抜歯する考え方もあり、当時を考えると、一般的な考え方と、逆行していたかもしれません。
でも時は経ち、今では当院が進めてきた「歯を可能な限り残す治療」が見直されてきています。

「歯を可能な限り残す」ためには、歯を健康的に保つ努力が必要です。
予防歯科と言いますが、当院ではこの予防歯科に注力しております。
毎日貴方の口腔内を、歯科医師がチェックしてケアできれば良いのでしょうけど、もちろんそうはいきません。
予防歯科には、毎日の貴方自身のオーラルケアがキーポイントとなってくるのです。

そこで当院では、患者様へのオーラルケアの指導を行っております。
また、定期検診の通知を定期的にお送りするなど、虫歯が無くても定期的に歯科検診を受けていただけるように、歯科医院サイドからも促しております。

投稿者 関根歯科医院 | 記事URL

2014年10月 8日 水曜日

患者様それぞれに合わせた治療

忙しい現代社会、歯科治療の進め方は、患者様それぞれのニーズで異なるものと、私は認識しております。
例えば、同じビジネスマンの方であっても、「一回の治療時間があまり取れない」という方もいれば「何回も通院できないから、一回で出来る限りの治療を進めたい」という方もいます。
「退社後の時間に、スムーズに治療をしてほしい」という方もいれば、「出社前の短時間で治療をしてほしい」という方もいるわけです。

【ご希望・ご要望は遠慮なくご相談ください】

もちろんさすがに、抜歯する必要がない歯を「抜いてくれ」と言われても抜くことは出来ませんが、治療方法や治療の進め方など、可能な限りは患者様のご意向に沿えるようにしていきます。
「無理だろう」と決めつけず、まずはご相談ください。

【ビジネスマンのお昼休みも診療中!】

関根歯科医院では、お仕事をされている方や、幼稚園や小学校へお子様が通われているご両親などの事を考え、朝10時から14時まで診療し、医院の休憩時間は、14時から1時間だけいただいております。
一般的にビジネスマンの方が、お昼休憩を取られる12時から13時の時間帯も診療を行っておりますので、歯科治療の時間として有効にご活用ください。
受け付けは、13時半まで行っております!

投稿者 関根歯科医院 | 記事URL

アクセス

東京都豊島区南大塚3丁目44番11号 フサカビル2F


最寄駅
●JR山手線「大塚駅」南口から徒歩2分
●Jメトロ丸の内線「新大塚駅」から徒歩6分

TEL
03-3981-2646

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2014/10/22

暫くの間、木曜日を休診とさせていただきます。
誠に申し訳ございませんが、諸事情により暫くの間、木曜日を休診させていただきます。
木曜診療開始の有無・時期につきましては未定となっております。
診療をお待ちの皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い致します。