ホーム > 一般歯科

一般歯科

一般歯科

大切な歯をいつまでも使えるように適切な治療を施すのが一般歯科の役目。保険診療の範囲で、手頃な費用と期間で、虫歯や歯周病の苦しみを解決します。治療の完了後も、もう一度歯を悪くすることがないように予防のお手伝いをさせていただきます。

治療への考え方

いつまでも「自分の歯とあごで、しっかりと噛んで食べられること」は、何ものにも代えがたい幸せです。
一般歯科診療の目的は、歯の機能を末永く残すこと。虫歯や歯周病で歯が失われることを防止して、お口の中の健康を取り戻します。

ここで当院が重視していることは、痛みをはじめ身体への負担ができる限りかからない方法を用いること。
もちろん費用や回数についても、ご希望に沿った方法を最初におすすめいたします。ご希望があれば遠慮なくご相談ください。
虫歯や歯周病の再発を避けるための予防やメンテナンスについても適宜アドバイスさせていただきます。

虫歯の治療

虫歯ができると、歯の表面がだんだんと溶けていきます。
エナメル質、象牙質と溶けていき、最後には歯全体が崩れてしまいます。
初期~中期の段階であれば、患部に詰め物を施す方法を取ることがほとんどですが、腐蝕が神経に達している場合は根管治療を行います。

虫歯の治療といえば、「痛い」「歯を削られる」といったイメージがありますが…

現在では、歯を削らずに済むケースも増えています。
痛みについても、麻酔を駆使するといった対策を講じることで、大幅に痛みを和らげることが可能です。
不安を持つのはごく普通のことです。
それを取り除くためにベストを尽くすのが歯科医の仕事だと当院では考えています。

詰め物を使う場合

詰め物

虫歯で穴が空いた歯を、また何ごともなく使えるにするために利用します。
穴が小さめの場合は「インレー」を使って埋めますが、穴が大きめの場合は「クラウン」を使ってかぶせることがほとんどです。

目的にぴったりした詰め物をおすすめいたします

歯の詰め物も最近は豊富になりました。
虫歯が象牙質まで進行しているときは、以前は金属を使ってかぶせる方法が主流でした。
しかし、アレルギーに代表される安全性の問題や美観の問題もありました。

現在はプラスチックやセラミックetc.と、より優れた材料が増えています。
「目立たないようにしたい」「歯の色に近いほうがいい」といったご要望にもお応えしています。

根管治療が必要な場合

虫歯が進行してしまうと、神経が死滅するほか、激しい炎症が歯茎の周辺でも起こるようになります。
この場合は根の中からきれいにしていく必要があります。
これが根管治療です。

再発を防ぐために、根本的な治療を提供しています

歯の内部から治療を行うため、時間はどうしても必要になります。
なかなか症状が好転しない症例も少なくありませんし、手早く治療を終わらせても、再発してしまう恐れがあります。
着実な治療を実施することと、できる限り歯を温存する方向で治療を進めることが、当院の根管治療の原則です。

歯周病治療

「歯の汚れ」である歯垢は、放置しておくと歯石に変わります。
これが溜まることで歯茎をはじめ、歯を支えている組織に炎症が起こる……それが歯周病です。
「歯槽膿漏」も歯周病の一段階です。
放置しておくと歯が抜け落ちてしまうため、その前に治療を行う必要があります。
自覚症状が強くなってきたときには、かなり進行していることが多いです。不安を感じたときは速やかにご相談ください。
症状のメカニズムから望ましい対策まで、どんなことにもわかりやすくお答えいたします。

歯周病はさまざまな疾患のサインのこともあります

生活習慣病をはじめ、身体の症状と関連して歯周病が進行するケースも少なくありません。
何らかの持病をお持ちの方々は、口の中はとりわけ注意してきれいにしていかないといけません。
特に、服用中のお薬がある場合は、先にお申し出ください。
薬の内容を確認した上で、ベストの治療方法を検討させていただきます。

小児歯科

幼いお子様は、日々身体が成長しています。
歯やあごもまた、成長が続いているため、成人とは違った治療方針を取る必要があります。
また、お子様の場合は歯科治療を怖がるケースも多いため、ひと際穏やかな態度をとりながら治療にあたる気配りも大切だと考えています。

保護者の方向けに、お子様のデンタルケアのアドバイスも行っています

一昔前と異なり、「虫歯がたくさんある」といった症例は減っています。
しかし、お子様の疾患については、毎日の生活習慣に原因があるケースが目立ちます。
当院では、原因をつきとめてアドバイスをさせていただくことも小児歯科の役目だと考えています。
お子様の普段の過ごし方をお話しいただければ、おやつの与え方といった細かな点まで含めて、改善策をアドバイスいたします。

予防への考え方

「何歳になっても、ご自身の歯と顎を動かして食事をとっていただく」それが当院の当初からのコンセプトです。

当院が開業したばかりのころは、まだ何かあるたびに歯を抜いてしまう歯科医が当たり前のようにいたものです。
しかし当院では一貫して歯を残す治療方針を守ってきました。

患者様から「抜いてください!」とお願いされるまで残していた事例もあったほどです。
現在でもそのコンセプトは放棄していません。
特に、歯を残すための予防策に力を入れています。

当院の提案する予防方法

当院では、治療が完了したお客様にも、定期的にリコールを行っております。
治療が終わってすっかりよくなっても、3か月、あるいは6か月ごとに……といった頻度で、定期検診の通知をお送りしています。

虫歯がまったくない、きれいな歯をお持ちの方でも、最低年に1回は歯石のクリーニングを行うほうが無難です。

アクセス

東京都豊島区南大塚3丁目44番11号 フサカビル2F


最寄駅
●JR山手線「大塚駅」南口から徒歩2分
●Jメトロ丸の内線「新大塚駅」から徒歩6分

TEL
03-3981-2646

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2014/10/22

暫くの間、木曜日を休診とさせていただきます。
誠に申し訳ございませんが、諸事情により暫くの間、木曜日を休診させていただきます。
木曜診療開始の有無・時期につきましては未定となっております。
診療をお待ちの皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご了承の程お願い致します。